怒りのコントロールをしたい。怒りたくない。
このような悩みを持っている方ってとても多いと思うんですね。
本当は怒りたくないのに、どうして怒ってしまう。
わかっちゃいるけどコントロールできない。
これはやっぱり、
「私がおかしいからだろう」
「私の意志が弱いからだろう」
「インナーチャイルドが癒されていないからだろう」、、、、、、

 

そうです。ここには、
インナーチャイルドが大きく関わっていることは確実です。
しかし、怒りのコントロールができる自分を目指す前に、
大事な点気づきがなければ
インナーチャイルドは癒されもしなければ改善もしません。

 

なにが大切な気づきなのでしょうか?
それは、

 

「怒りという感情が悪いわけではない。怒らない自分を目指すな」

 

とういうことなんです。

多くの人が、
怒りをコントロールしたいと言いながら、
コントロールして「怒らない私」を目指そうとします。
怒るという感情が沸き起こられない私を目指そうとします。
しかしこれをすると
ココロのインナーチャイルドはどのように反応するでしょう?

 

ある例で説明しますね。

小さい小さい子供がいるんですね。
その子供が、楽しく遊んでいる途中で転んだとしましょう。
せっかく楽しかったのに転んでしまって、痛くて、悔しくて、
地面に座ったまま泣きじゃくっています。

そんなとき、お母さんが、
「なんで泣いているの。さっさと泣き止んで立ち上がって歩きなさいよ。
転んだのはあんたの責任でしょ。いつまで泣いているのよ。泣くなんて弱虫なのよ」。
と言われたらどうでしょう?
子供だったら、もっと悲しくなってもっと泣いちゃいますよね。
なんで分かってくれないだろう意地になって、
怒りながら、もっと泣きながら
頑固に座り込みしちゃうかもしれませんね。
これと同じ構図が、
今のあなたとあなたのインナーチャイルドと関係なんです。
あなたが、
怒りをコントロールしたい、怒りをなくしたい、怒らない私になりたいと思えば思うほど、
ココロの深いところにいるインナーチャイルドに、
「お前、なんで分かっているのにすぐ怒るの?
怒りをなくしたいって言いながらできないなんて、ただ弱っちいだけじゃないの?」
と、インナーチャイルドに言っているようなものです。
こんなことを言われ続けて、
本当に変わりたいと思えますか?
ただ、頑固に膝を抱えて怖くて何もできないのではないでしょうか?

 

ですから私は、
セッションをしたり、ワークショップで、
みなさんにインナーチャイルドの解決法をお伝えする時には、
なぜ、「そんなに怒りをコントロールできない自分を責めるの?」
このポイントにアプローチします。
ここが解決できないかぎりは、
怒りはどうすることもできません。
怒りをコントロールしたい人が、
怒りはダメだと思っている状態からでは、
何をやってもどんなワークをしても,どのようなヒーリングをしても、
なかなか解決には導かないんですね。

 

「怒りという感情が悪いわけではない。怒らない自分を目指すな」

 

癒しはそこから始まるんです。

 

癒すだけじゃない行動が変わる「未来創造メソッド」

[`evernote` not found]